唾液腺腫瘍の診断に役に立つ免疫染色

森永正二郎 北里研究所病院病理科

※下記は筆者によるサイト唾液腺腫瘍の病理診断Histological Diagnosis of Salivary Gland Tumorsからの抜粋です。
リンクも全てそのサイトへのものです。最新バージョンに関しては、サイトを参照して下さい。


1)筋上皮細胞への分化の確認

          @ α-smooth muscle actin
          A Calponin
          B p63
          C GFAP

正常組織
腫瘍組織
筋上皮細胞
基底細胞
腺房・導管
上皮細胞
筋上皮細胞
基底細胞
腺房・導管
上皮細胞
ASMA
MSA
Calponin
p63
GFAP
±
s-100
±
±
±
±
±
AE1/AE3

ASMA: α-smooth muscle actin        MSA: Muscle specific actin (HHF-35)

HHF-35,S-100,AE1/AE3,34βE12,CK5/6,CK14などの染色性については,「 唾液腺の組織像と免疫染色所見」や「多形腺腫の免疫染色所見」, 「腺様嚢胞癌の免疫染色所見」の項を参照してください.

2)真の腺腔の確認

           EMA (epithelial membrane antigen)

3)オンコサイトの確認
           Mitochondria

4)唾液腺導管癌の診断(「唾液腺導管癌の組織像と免疫染色所見」の項参照)

           @ GCDFP-15 (gross cystic disease fluid protein-15)
           A AR (androgen receptor)


※このサイトに示す画像および文章のコピー,無断転用を禁じます.

Working Groupより:今回は森永先生のサイト唾液腺腫瘍の病理診断Histological Diagnosis of Salivary Gland Tumorsとの相互リンクにて、一部を「いむーの」内に掲載して頂きました。他に様々な情報があり、唾液腺の診断をする上で大変有用なサイトですので、是非訪れてみて下さい。


執筆日:2007/9/01 
執筆者
森永正二郎 北里研究所病院病理科